パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

本日のパーキンソン病治療 9月11日

 本日のパーキンソン病は振戦ありと無しの二人です。

第3回目の治療の患者さんは、前回パーキンソン病のサウンド アキュパンクチャCDのうち、動作緩慢などのものを試聴してもらうことにしていました。

治療室に入る姿を観察していると、前回はそろりソロリとしていたのが、劇的にスムーズな歩行に変わってきました。

まだ試聴時間は1日5分間と短いのですが、早くも効果が現れてきました。

聴き始めるとすぐ睡魔が襲ってくるそうです。

それは脳がリラックスしてくるので眠気が出てくるのですが、普通鍼治療ではこのような効果は出ません。

サウンド アキュパンクチャの持つ即効性がもたらすものです。

また眠気が出てくれば治療効果も倍加してきます。

話声にも効果が現れてきています。

声がくぐもっていたのが、ハッキリとしてきました。

声も大きくなり、力強さも出てきました。

治療効果が出てくる目安に、声に張りが出てくるか否かがあります。

1週間 1日5分でこれくらいの効果が出始めたということです。

ただ好転反応なのでしょうか、腰の痛みが出てきているようです。

身体が変化している証拠で、筋肉バランスを整える過程で、このような痛みはほかの病気治療でも起こることです。


いま一人は我が妹です。

薬の量を減らしましたが、症状が悪化することはありませんでした。

ただしまだ震えは治まることがありません。

鍼治療中及び直後はその振戦も治まりますが、しばらくすると戻ってしまいます。

脳の復元力がまだないということでしょうか。

振戦を伴うパーキンソン病治療のサウンド アキュパンクチャについては、近々発想を変えて改善しようと思います。