読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病 11月23日

 私の妹のパーキンソン病の震えは、いよいよ治まってきました。

まだ完璧に止まるということはありませんが、気にならなくなることが多くなり、1日のうち何回かは止まっているそうです。

やっと私の鍼治療とサウンド・アキュパンクチャの効果を信用したようです。

先月の医師の診断も、もう「そんなものか」という程度に聞いているようです。安心のための定期検診になってきたみたいです。

西洋医学では治せないので、それはそれで仕方がないでしょうね。

いま一人の方の方は現在は順調と言える程度で、大きな改善はありません。

いろいろな病気をお持ちなので、腎臓結石の痛みなどが出てイレギュラーで1回治療にこられましたが、これも信頼を得たことと思います。

サウンド・アキュパンクチャ作成方法が、初心者のレベルであったため効果があまり出ていませんでした。

プロのような知識と技術であれば、どこに問題があるのかすぐ理解できたのでしょうが。

何しろ音符も読めないところから始めたDTMだったので、まずそれを使える程度になるまでが一苦労でした。

それをこの度ひょんなことから、音圧の問題に行き着きました。

コンプレッサー?

というところから始め、本を読みまだ理解半ばなのですが、対応ソフトを購入しました。

これも悲しいところで、ダウンロードするところまではよかったのですが、例のごとくすぐには動きません。

日本の販売業者も担当者は、どうも中国人らしく話が通じません。

結局つたない英語で作成業者のポーランドまで、メールで問い合わせをすることと相成りました。

中々頭が休まることがありません。

それが可動を始めれば、サウンド・アキュパンクチャも新たなる段階に突入かなと思います。

この音響の世界もまだ開かれて間もないので、まだまだ進化をしているようです。それもかなりのスピードで、やれやれ!

SONAR HOMESTUDIO 7XL

SONAR HOMESTUDIO 7XL