パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病治療 あと少し

 妹の主治医が新薬を出したそうです。

2錠出されたので1錠だけ飲んでみたそうです。

症状は何ら変わりません。

オーリングテストで計測すると、1錠の半分で良いと出ました。

「あなたの将来が心配だ」とかなんとか言って、新薬なるものを飲ませようとします。

でも医師は最初に「この病気は治りません」と言ったそうです。

さすがに治せませんとは言えなかったのでしょう。

新薬と言ったって治せる新薬と言うわけではなく、単にあとから出た最新の薬と言うことです。

患者から見ればたちの悪いことに、製薬会社がおそらくデータを取りたい、臨床データをなるべく早く多くほしいということでしょう。

疑ってますよね今の患者は。

ともあれ前回からひょんなことから閃いて使い始めた、小さな機械を今回から使い始めました。

治療後に震えがぴたっと止まりました。

このようなことは前もあったので、持続するか否かが問題になります。

時間を空けて電話すると「帰宅した時はいつものようでした。昼寝をして起きると、握力が出て来きた」との返事でした。

主婦は毎日の家事労働に、握力が無くなると洗濯などに難儀します。

これが戻ってきたということが、大変嬉しかったようです。