パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病治療の完成

パーキンソン病治療方法が確定しました。

ユーチューブに動画をアップしたとおり、私の妹のパーキンソン病もかなり成果を上げていました。

しかし自分が納得し患者も短期間でその効果を感じられる、そのような究極の治療法を見つけ出さずにいました。

脳神経に関わる病気ですから、私の脳卒中治療と方法は変わりません。

 

一つ大きな問題がありました。

東洋医学には経絡という気の流れ道があります。この氣の流れは皮膚の下を流れます。二千年前に考えられたこの治療法では、神経に関わる病気も全て経絡の調整で出来るはずと考えていたのです。

ところが西洋医学解剖学が伝わってきて、神経というものが人間にはあると日本人は知ったのです。

それから右手を動かすのは脳の左の部分である、つまり頚椎の第2関節辺りから神経は交差していることを知りました。

パーキンソン病で右手が震えるなら、治療は左半身で治療しなくては効果がでないとされたのです。

いままで二千年近く右の症状は右で、左の症状は左で治療していたのに、頭のなかで混乱が生じていました。

その問題がやっと解決いたしました。と言っても私だけの問題かも知れませんが。このことによって治療効果が大きく変わったのです。

右の症状は左手の中の右に当たるところを治療すれば、今書いたことが自分の中でしっくり来ることが分かりました。

これで難問解決です。

それで治療してまだ2回ほどですが、効果はハッキリ出ました。

患者というものは完璧に治らないと我慢できないもので、少しでも悪いところを探すようで、まだ寝る前に震えるとか言っていました。

が治療に来る義理の姉さんが言うには、今日一緒に車に乗ってきて氣がついたが、今日はまったく震えていなかった。

車の運転をすると緊張するので、右手はいつも震えていたのです。それが消えました。

もう数回治療すれば完治して、振戦は消えるでしょう。その結果はYoutubeにアップするつもりでいます。

東洋医学にはまだまだ乗り越えなければならない、大山小山はまだまだありそうですが。