読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病治療の解決法?

 妹は元の様に元気になって来ました。

そう手の震えもほとんどしなくなり、気になることはまったく無くなったからです。

本日はこれで最後の方法かなという治療法を行いました。

この1か月近くはそのコード作成と、新しい使用法について考えていました。

新しいと言っても脳の命令伝達を考え、命令指揮系統について巡らさねば、それは単なる思い付きです。

間中義男博士の発明されたイオンパンピングコード、河合先生が考えたパチパチの発電装置の治療法、それらを合体させた松本岐子師の偉業をいただきました。

しかしそれは糖尿病壊疽の治療の話で、脳の神経疾患には決定的な効果は及ぼしません。

そこで今一度脳を見直しました。

まず最初の実験台は私の脳溢血後遺症治療で試しました。

かなり成果がでました。

しかし半身の不完全まひに有効とされる、経頭蓋磁気療法の考え方を見ると、健常部分と障害のある部分とを分けて考えます。

障害を受けた部分の治療を捨てて、健常の部分とのバランスをとるため、あえて健常な脳のエネルギーを磁気によって抑制するものです。

要は左右のバランスをとることです。

私もこの考え方は脳が左右に分かれていることを考えれば、そのことを無視するということは考えられません。

片手の治療では目的に届けません。

そこで右手と左手の治療法を別にするためのコードつくりに、3日ほど費やしました。

結構テスターの使い方、ナイフの使い方、はんだ付け、細いコードをいかに強くつなぎ目をするかの工夫と、およそ鍼灸師の世界じゃない日を送ってしまいました。

やはりこの方法で治療すると、もうその直後から体は変化してきました。

そこでわが妹のパーキンソン病にも応用しました。

今までにないような刺鍼後の寝方ですね。

穏やかな表情と雰囲気です。

やったね成功だ!という感じです。

少しだけ指が震えていたのも完全に止まりました。

購入してあった握力計で測ると、なんと私よりも震えていたほうが高いメモリでした。

震えが止まり力が入るようになれば、もう完治と言っていいのでしょう。

後はこのことがどのくらい持続するかです。

ビデオを撮りましたので成果を確認してから、動画を公開して「手のひら先生の高麗手指鍼、パーキンソン病治療効果」を確認していただきます。