パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病 7月28日

 今日は二人のパーキンソン病を治療しました。

震顫があるパーキンソン病とないものと、典型的な2つの形です。

震えのあるパーキンソン病は我が妹です。

今日はパチパチを使った4回目の治療になります。

震えは右の人差指がかすかに動いています。

「これがいつもの動き?」と質問すると、「このぐらいに動いているか止まっているかだ」いう答えがありました。

指が止まっているときは、身体のほかがかすかに動いているとのこと。

あと少しで止まりそうです。

今お一人のパーキンソン病は、固縮が主たる症状になります。

前回の治療で行った頚椎症の治療が良かったそうで、足裏が地面につかなかったのが着くようになってきたそうです。

薬の効果もあるでしょうが、それを割引いても本日の表情が良くなり、声が少し出るようになり、身体も前回からするとしっかり座っていられるようになっています。

3回の治療で変化がでて来たのは、これからの経過に希望が持てます。

次回は薬をもってきていただき、最適量を計測します。

薬の量を調整できればさらに変化が期待できます。