パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病治療 12月13日

 わが妹の治療で少し変化がありました。

パーキンソン病ドーパミンの減少が原因と言われています。

ドーパミンをだす黒質部は中脳に属します。

大脳基底核淡蒼球線条体 視床下核までは、対応するツボを決定できたと思い治療をしてきました。

かなり効果が出ていたのですが、黒質に対応するツボは決めることができませんでした。

そこでここ2回はやはり黒質部分を刺激せねばと考え、ツボの配置から考えて鍼を刺すことを考えました。

あてずっぽうでしたが、どうやらこれが当たりだったようで、さらに震えは治まってきたようです。

この2週は震えが全く気にならなくなったそうです。

もちろん治療の際も見ると震えの振幅が小さくなっています。

親指がかすかに震えている、それも時々と言う感じでしょうか。

何か今アイデアが湧いてきたので、次の回には黒質部分のツボをもっと限定できるかも知れません。

今年もあと治療は2日3回、それ以内で完璧に震えが止まれば万々歳なのですが。