パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病の鍼治療 オーリングテストを使って

 新患の方に何気なく頭にオーリングテストを使って、ここが悪いところですよと自覚させるために行いました。

すると前頭部の左右のポイントでオーリングはオープンにになりました。

やってみて私自身がちょっと驚きました。

次の日に私の妹が治療に来ましたので、同じことをするとやはり異常なポイントは同じところでした。

パーキンソン病の反応点は、症状が微妙に変わっていても同じなことがわかりました。

さて問題は治療法に関してです。

今までに心臓の調整をすることで、妹の震顫が急激に治まったことで少々安心していましたが、決定打には遠いかと感じていました。

そこで新たなものを考えなければなりませんでした。

脳のリンパ血流の循環を促進しなければなりません。

血流は解決しているので、一方のリンパが問題です。

そこで脳脊髄液が頭に浮かびます。

この循環を促進する方法技術はすでに開発しているので、これを試すことにいたしました。

私の脳溢血後遺症に試してみて、結果がよさそうなので自信をもって試そうと思います。

治療は明日からですがおそらくこれが最終の治療法になるのではないかと思っています。

それにしても手のひらを体に見立て脳に見立てるなど、様々に視点を変えるとさまざまに景色が変わって来ます。

同じ治療法治療技術が様々な目的に、さまざまな効果を引き出せるのも面白いものです。