パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病の鍼治療 

 我が妹は体調がよくなったので、よくあるように今まで出来なかったことをして、疲れて風邪を引いてしまいました。

本日は2週間ぶりの治療です。

あごの震えはほぼなくなりました。

顔色もよくなっています。

手の震えはほとんどなくなったみたいなのですが、本日は久しぶりに運転をしたことで少々振顫が戻っていました。

それでも振幅は以前に比べても小さくなっています。

歩行は問題なく体のこわばりなどはまったくなくなったようです。

手のひら先生の高麗手指鍼によるパーキンソン病治療は、完成したと言っても良いのではないでしょうか。

それにしても東洋医学で解説されている内臓観に対しても、まだまだ考え研究する余地はあります。

東洋医学は身体を全体としてみると言って西洋医学との差を強調しますが、まだまだ解明の余地があります。

それは哲学的な言葉をこねくり回す手法ではなく、治療法とその結果から内臓を見直すと言うのが現代の治療家の務めでしょう。

古典を研究することも大切ですが、要はそこから発展させて治療に結びつけなければ、真に鍼灸の発展はないことになります。