読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病の鍼治療 血流改善が決定打?

 わが妹の治療です。

MRI検査で1年経っても脳には進行がなかったので、医師が不思議がっていたことを書きました。

それでも動作が緩慢になったなどを見て、新たな薬を処方されました。

先週その薬をオーリングテストで判定しましたが、まったく効果なく返って害になると出ました。

ここで血液循環について研究した結果、心臓の調整法を発見しました。

これを処方した結果が目覚しかったので報告します。

まず胸騒ぎを感じていたのがなくなったそうです。

次に動きが鈍くなったり動作緩慢になったりするのが、かなりなくなってきたようです。

洗濯物を干したりするときに知らずに力が抜けていて、落としてしまうことがありましたがそれがなくなりました。

手に力が入るようになったようです。

あごが左右に動き震えていたのはなくなったように見えます。

右手の震えはまだ完全に取れたとは言えず、それでも気にならなくなってきたそうです。

ふるえ自体も振動回数が減ってきています。

これには今研究中の鍼の刺す方向を変えて打つと、これが効果を出すようで手の震えは消えます。

震えは視床下核が発信源なのでここに対応するツボに、上記の鍼を使うことでピタリと止まります。

なかなか鍼の世界は深いです。

これについては過去誰の研究もないので、また新たな世界を開拓しなければなりません。

まだまだこの世界を開発する余地はあります。