読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病治療も最終段階に

 私の妹のパーキンソン病治療も最終段階に突入です。

やっと自覚して薬の服用を止めたのが、およそ3週間前です。

自覚したといっても1年以上前から減らすように言っておいたのにもかかわらず、医者に言われるのが怖くてやめられずにいました。

そのうえ天候などで体調が優れないと、薬を多く飲んでいました。

3週間前にもう面倒見きれないわと、最後通告したのに観念したのかくすりの服用を止めました。

それでも振戦はあるものの前と変化はありません。

この1年余のちりょうの成果で、MRI撮影でも脳の破壊もありません。

したがって薬の外さえ除けば元の体に戻るはずなのです。

すなわち完治ということにつながるのです。

顔を見るといつもは輪郭がぼやけていたのが、今日は目元がすっきりしています。

目の裏側は脳神経の視床が有ります。

近年うつ病が増えているのは、パソコンのディスプレイを長時間見つめるので、脳血流特に視床の血の巡りが悪いから起こっているのではないか。

こう考えている精神科の医師もいます。

目が生きてきたということは、脳血流の改善も徐々に行われているということです。

手の震え、顎の震えも少し少なくなっているように思います。

特に右手の震えが顕著に減りました。

薬の副作用で脳へ酸素が送られなくなって、脳が悲鳴を上げてポンプのように手の震えで血を送る、それが手の震えが起きる原因なのです。

これもすぐなくなっていくでしょう。

本日は6月25日です。