読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病治療 5月21日

 本日妹の治療を行いました。

顎の震えはほとんどなく、よっぽど注意しないとわからなくなりました。

手は震えているのですが、腕全体が震えるというのではなく、親指が小刻みに振動しているという表現が正しいでしょうか。

このところ格段に良くなっているように見えます。

どうもサウンド・アキュパンクチャの効果より、安保免疫理論を取り入れたことにより、その効果が出始めたようです。

安保免疫理論は、よく知られた新潟大学教授安保徹教授の免疫学理論です。

がん治療には胸腺由来のT細胞が働いているということは、理解し実際この免疫度を高めることで、過去にがんを治したこともあります。

しかし自己免疫疾患にはなかなか効果が出せず、効果が出ても何が有効だったか頭をひねることがありました。

単に鍼を刺したら治ちゃったなどというのは、現代的な治療法ではないし、もはや受け入れられないでしょう。

どこをどのようにして治療したので、これこれの症状が消え根本的な治療法、すなわち本治法の目的が達成できるのです。

このような説明ができなければ、今現在も未来も鍼灸治療が生き残れないでしょう。

近年はスーパーコンピューターの開発で、ほとんどのゲノム解析はできたそうです。

多くの難病の遺伝子も解析済みで、昨今は踏み込んだ解析結果がニュースとして、日々流れてきます。

しかしそれが即薬の開発治療には結びつかないのが現状です。

昨日もNHKスペシャルで、ガンになる宿命を特集していました。

かと言って悲観することなんぞありません。

「安保徹の免疫学講義」を読めば、人間が進化するとともに免疫も進化を遂げてきたことがよ~くわかります。

読みこなすのはチョット大変ですが。

あらゆる難病の根底にこの免疫力の低下があり、それが内蔵をはじめ脳神経機能まで破壊している、こう推計してみました。実際患者さんの免疫度は低いです。

読み終わり理解しそれを実際活かすまでは、少々頭の中で熟成させなければなりませんでした。

このような作業が鍼灸師にはきっと大事なんだろうな。

薬ができたそれ動物実験だ人体実感だと言うような、西洋医学とは異なる思考が鍼灸には必要なことと思うのです。

その成果がどうやら兆候として現れて来たみたいなのです。

今少し経過を見ないと判断はできませんが、順調な経過を辿っているようです。

 

安保徹の免疫学講義

安保徹の免疫学講義