パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病治療 1月30日

 本日の治療の報告です。

院内に入ってこられる時、歩幅がほんの少し狭くバタバタ感がありました。

先週ダイエットの話をして心がけた結果、顔がすっきりしたそうです。

腰痛があるということで、サーノ博士のTMSのことを話すと、やはり思い当たることはあるようです。

喘息もあり腰痛もあり、そしてパーキンソンです。

すべて脳と強い関係ある病気です。

治療はディメンションⅠとⅡの脳神経のツボの調整を行いました。

先週から行っている治療法ですが、前回は治療後体調がよかったそうです。

翌日ぐらいまでしか持続はしなかったそうですが、まずは第1日段階効果が見られたのは成果です。

治療後の歩行顔の表情は良くなっていたので、これからさらに改善が見込まれます。

また心の問題に関しては、簡単に瞑想や座禅の方法を提案してみました。