読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーキンソン病 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼のパーキンソン病治療についてお話いたします。

パーキンソン病の鍼治療 新患者2回目の治療

まず私の妹の状況をビデオにとりました。振顫はぴたっと止まることはなくまだ少し震えています。しかしそれも外から目立つことはなく本人の自覚もなくなってきています。気になるのは目覚めたときとか、何か動きを止めたときだけだといっています。年内は無…

パーキンソン病の鍼治療 新患も

本日は我が妹の治療日でした。また一歩前進の感じで右手のふるえが減ってきたようです。少しふるえがあるのですが振幅も少なく、時に止まったりします。前回の治療法が更に効果を出したので、それに上乗せする形で今日は経絡を少々変えて見ました。治療後は…

パーキンソン病の鍼治療 ほとんど振顫なし

本日の妹の状況は前回とほとんど変わりなく、朝夕に右手のふるえが出る程度で留まっています。本日は田舎の叔母からみかんが妹のところに届き、それを一箱届けてくれました。10キロ程度あるのでしょうか、少し前は手に力が入らなくなるとこぼしていたのに…

パーキンソン病の鍼治療 もう安心です

本日私の妹の治療を行いました。 他の患者さんがいらっしゃったので、治療後にビデオ記録をしました。 朝起きたときに顎のふるえが少々ありすぐ止まるそうです。 他の時間帯には消失しています。 問題は手の震えですが、これは緊張したときに出ます。 今日も…

パーキンソン病の鍼治療 11月24日

前回の治療でちょっと大事な所をぬかして治療してしまったので、どうなっているかなと思いました。大幅な改善はしていませんが、安定した病状です。ビデオにとってありますので時期が来れば、ユーチューブにでもアップロードしようかとおもっています。あご…

パーキンソン病の鍼治療 さらに一歩治療の解明が

私の脳溢血後遺症治療の研究がさらに進み、ある程度解明していたものがここで検証できました。それは脳神経の治療の場合左の症状は右脳と関係し、左はその反対になるのでそのように治療をするということでした。鍼の治療は気の治療なので経絡は右は右左は左…

パーキンソン病の鍼治療 

我が妹は体調がよくなったので、よくあるように今まで出来なかったことをして、疲れて風邪を引いてしまいました。本日は2週間ぶりの治療です。あごの震えはほぼなくなりました。顔色もよくなっています。手の震えはほとんどなくなったみたいなのですが、本…

パーキンソン病の鍼治療 新処方のその後

昨日妹から電話がありました。「患者さんの受付表を書いているんだけど、来年の何月から書けばよかったの」以前依頼していた表を作成する意欲が湧いてきたようです。パーキンソンが進むと無気力になったりする上に、手足に力が入らなくなっていたので予定が…

パーキンソン病の鍼治療 経過順調ほぼ治る

我が妹は体調がよいので今は週1回の治療になってしまいました。本日は新治療法を初めて第3回目です。あごが左右にずれる震えは、ごくたまに出るらしいのですが消えました。手の震えは緊張したりするとほんの少し出ます。しかし前のようにのべつ幕なし震える…

パーキンソン病の鍼治療 血流改善が決定打?

わが妹の治療です。MRI検査で1年経っても脳には進行がなかったので、医師が不思議がっていたことを書きました。それでも動作が緩慢になったなどを見て、新たな薬を処方されました。先週その薬をオーリングテストで判定しましたが、まったく効果なく返って…

パーキンソン病の鍼治療 10月6日

私の妹の鍼治療も夏の暑さに負けて、ここのところ間隔があいていました。先々週から鍼治療の効果がやや停滞しているので、思いついて脳のツボを顔にとることを思いつきました。顔と内臓は「内経知要」という古典に初めて関連付けられました。それが果たして…

パーキンソン病と嗅野について

パーキンソン病の進行は抑えているのですが、イマイチスパッと治りません。今行っている治療は振戦を伴うパーキンソン病なので、視床下核を抑制し大脳基底核から視床視床下部、小脳などほとんどの部分の調整を行っています。その上に気の調整を行っているわ…

パーキンソン病治療も最終段階に

私の妹のパーキンソン病治療も最終段階に突入です。やっと自覚して薬の服用を止めたのが、およそ3週間前です。自覚したといっても1年以上前から減らすように言っておいたのにもかかわらず、医者に言われるのが怖くてやめられずにいました。そのうえ天候な…

薬やめても変わりなし

パーキンソン病 6月21日 我が妹はやっとくすりの服用を止めました。あれほど言っているのにやめずにいたので、治療を中止するかもう何もしてやらないぞ、そんな剣幕で怒ったので辞めたようです。でも腕の震えは服用した時と変化なく震えています。飲んで…

パーキンソン病治療 6月3日

振戦を伴うパーキンソン病です。妹の治療です。6月1日に治療した時に、最近体調が良くないというので、今薬はどのくらい飲んでいるのか聞きました。数ヶ月前パーキンソン治療薬、L-ドーパはオーリングテストで適正量を測りました。その時は4分の1錠弱が適…

パーキンソン病治療 5月27日

妹の振戦はさらに安定しました。患者の多くがするように、良くなると今までしなかったことをやり始めます。すぐ疲れたりするので雑用は控えていたのですが、それをやり始めてまた振戦がぶり返す。しかし一旦変化を始めた体は修正力が出てきているので、すぐ…

パーキンソン病治療 5月24日

本日は妹の振戦を伴うパーキンソン病の治療をしました。顎の震えもなし、手の震えもなしでした。まだ緊張したり力をいれると、少し震えが起きるようです。入らなかった手の力も少しではありますが、はいるようになってきたとのことです。先日は意欲が湧いて…

パーキンソン病治療 5月22日

本日は筋固縮や無動が主たる患者さんが見えました。既往症として大腸がんや持病の喘息があるので、何かと免疫が下がり気味です。2週間前も突然発熱をし、本日来院されました。我が妹に施した免疫調整法これをⅡとし、今までのがん治療などに使っていた胸腺由…

パーキンソン病治療 5月21日

本日妹の治療を行いました。顎の震えはほとんどなく、よっぽど注意しないとわからなくなりました。手は震えているのですが、腕全体が震えるというのではなく、親指が小刻みに振動しているという表現が正しいでしょうか。このところ格段に良くなっているよう…

パーキンソン病が正常に近く

発症してMRI撮影を2年していなかったので、先日行い診断結果が出ました。鍼灸師が身内の治療をする時が一番厄介だと、学生の時先生が仰っていました。金も払わない上に一番辛辣な意見をいうからです。だから身内を治したら一人前の鍼灸師になったと言え…

パーキンソン病の鍼治療  4月22日 免疫について

ここのところパーキンソン病と免疫の関係を研究しています。パーキンソン病も進行性核上麻痺も、神経性難病患者の免疫度を測ると、かなり低下していることがわかります。もう10年前からこの解決策は立てており、治療法も確立していたはずですが、より精緻に…

パーキンソン病の鍼治療  4月22日 免疫について

ここのところパーキンソン病と免疫の関係を研究しています。パーキンソン病も進行性核上麻痺も、神経性難病患者の免疫度を測ると、かなり低下していることがわかります。もう10年前からこの解決策は立てており、治療法も確立していたはずですが、より精緻に…

パーキンソン病 治療 4月17日 新たな治療法

ひとつ残念な話があります。このブログで書いていた進行性核上麻痺の方が、玄関で転び大腿骨を折ってしまいました。手のひら先生の治療法は効果が早いので、途中では体と意識とバランスが取れないことが起こりがちです。ちなみに脳溢血後遺症を自分で直して…

進行性核上麻痺治療 4月13日

1週間ぶりに来院されました。ご一家で温泉旅行に行かれていました。あいだが空いたので、少々心配しましたが杞憂でした。足元もしっかりして、話し方もはっきりし、記憶力も良くなって来たようです。家族の方に確かめても、体調が良いとのことです。13回ほど…

パーキンソン病治療 4月10日

本日は私の妹の震えを伴うパーキンソンと、動作が緩慢になる患者さんと、2つのパーキンソン病の治療を行いました。まず妹の症状は顎が小刻みに左右に揺れ、右手が振動するものです。本日は前回月曜日の治療効果があったようで、翌日から体調が良く続いてい…

パーキンソン病 治療 3月12日

我が妹のパーキンソン病治療も、徐々に改善をしているのですが、震えについてピタリと止まるまではいきません。残念ですが、日によって変化があります。それでも当初から比べれば、治っているという実感はましています。当初から比べれば、脳神経のツボはDⅠ…

進行性核上麻痺 治療 3月11日 

前回は脳神経のツボ、この病気に関係する大脳基底核をはじめとするツボ、それぞれDⅠ、DⅡ、DⅢを治療しました。そのほか実験的ではありましたが、山本式新頭針療法のツボをを併用し、1日置針してもらいました。目立っての変化はありませんが、動作や言動が…

パーキンソン病 治療 2月27日

先日行った我妹の治療のその後です。本日は震えが完全に止まるわけではないのですが、かなり納まってきており気にならないそうです。先日パーキンソンに効くであろう、体操を考案しました。それを行ったあとの様子を電話で確かめました。感想は「疲れた」で…

パーキンソン病 治療 2月25日

先日進行性核上麻痺患者さんにも、D1、DⅡ、DⅢ の選定したツボ、大脳基底核を中心に小脳穴も加えて治療しました。全体的にはそれほどの改善は見られません。ほこうの不安定や言語が明瞭でなく繰り返しが癖になっているなど、来られる事に変化があり改善と…

パーキンソン病治療のブログ 2月18日

今日は震えを伴うパーキンソン病の妹の治療でした。脳神経のツボ、DⅠ、DⅡ、DⅢ の中で、大脳基底核を中心に先日より多目に、本格的に治療したと言えます。ビデオ撮影もしましたが、本日現在の効果は残念ながら出ませんでした。前回の治療の効果は出ており…

パーキンソン病治療 2月17日

今日からこのブログに、進行性核上麻痺についても書いて行きます。これは現在西洋医学的には同じように脳神経が破壊されていく、病気分類されているようなので、進行性麻痺治療も合わせて経過を載せます。伝統的な鍼灸はもちろん高麗手指鍼でも神経難病は治…

パーキンソン病治療 2月8日

今週は雪が降り振戦のない患者さんの治療はお休みです。本日は振戦のあるパーキンソン病、我が妹の治療です。振戦は細かい震えに収束していますが、残念ながら全く消えるまではいきません。ここのところ手のひらのツボは、第2相まで脳神経のツボが確定して…

パーキンソン病治療 2月5日

我が妹の振戦を伴うパーキンソン病治療です。先日は止まっていた震えが少し戻っていました。戻ったといってもブルブルというようなものではなく、小刻みに震えているリズム感ある震えでした。胸騒ぎがする何か危険な兆候を感じる激しい新鮮ではありません。…

パーキンソン病治療 2月2日

1月25日振戦のある妹のパーキンソン治療を少々変えました。高麗手指鍼には震えを調整する「風方」という処方があります。これに脳神経のツボ、ディメンションⅠとディメンションⅡ、ここを同時に刺激することといたしました。翌日ぐらいまでは震えは残って…

パーキンソン病治療 1月30日

本日の治療の報告です。院内に入ってこられる時、歩幅がほんの少し狭くバタバタ感がありました。先週ダイエットの話をして心がけた結果、顔がすっきりしたそうです。腰痛があるということで、サーノ博士のTMSのことを話すと、やはり思い当たることはある…

パーキンソン病 2013年1月28日

昨年暮れから自身の体調問題で記事が途絶えてしまいました。震えのない患者さんは年末年始の仕事の関係で、1ヶ月ほど治療が中断しました。しかし先週来られた時も、症状が悪化してはいませんでした。当初こられた時のようなヨチヨチ歩きのような、あまり足…

パーキンソン病 11月23日

私の妹のパーキンソン病の震えは、いよいよ治まってきました。まだ完璧に止まるということはありませんが、気にならなくなることが多くなり、1日のうち何回かは止まっているそうです。やっと私の鍼治療とサウンド・アキュパンクチャの効果を信用したようで…

パーキンソン病治療 11月11日

先週のパーキンソン病治療日誌まず震えがないパーキンソン病患者について。治療室に入ってくる歩が、先週より少しもつれる感じがありました。治療後はまた元の通りスムーズな歩行に戻りました。顔の表情がほんの少し変化してきました。目の周りがすっきりし…

パーキンソン病治療 11月2日

震えのないパーキンソン病と震えるパーキンソン病とは、鍼治療も異なります。震えのない患者さんは、身体が硬くなってぎこちない動きです。7日に来られたとき歩行がとてもスムーズになっていたので驚きました。治療室に入ってくる歩行の姿は、最初の時ではゆ…

パーキンソン病 10月4日

昨日仕事の都合で1ヶ月ほど来ていなかった患者さんが昨日来られました。治療室には足早に入ってこられ、3回目の治療後よりやや歩行は良くなっているように見えました。「お彼岸は忙しかったです」と言う言葉もはっきりし、以前より声も力強さが出てきました…

パーキンソン病治療 10月2日

本日の治療まえ妹に体調を聞くと、台風の影響があったのか震えが2日間酷かったようです。台風と病気との関係を文化放送の國丸ジャパンで、月曜日のコメンテーター健康社会学者河合薫さんがこのことについてはなされていました。台風と喘息の関係の話でした…

パーキンソン病治療 9月29日

我が妹の治療日です。震えは小さく、落ち着いた震えというか、これは異常だというようには見えなくなりました。脳溢血後遺症の治療で、より即効性のあるものをという要望があったので、その打開策を考えていました。そこで改めて左右の処方を別々に取ること…

パーキンソン病治療 9月25日

パーキンソン病で振戦(震え)が主になる病状対策の、サウンド アキュパンクチャ タイプ1について。本日我が妹が試聴の状態を報告にきました。3日間の試聴して震えはほとんどなくなったそうです。人間は何でもよくなると、その分だけ動いてしまいます。今…

パーキンソン病治療 9月18日

妹のパーキンソンは震えが主になります。進行してはいないのですが、手の角度を変えたり精神的に興奮したり、頭を使うと症状が出現します。視床下核の興奮が淡蒼球外節に伝わり、両者が発振しだすと言われています。手のひらに相応するツボを確定してあるの…

パーキンソン病治療 9月14日

我が妹のパーキンソン病の振戦も、少しづつ治まってきたようです。実感としてこの3日ほどはあまり震えが起きなくなったようです。これも薬の量をオーリングテストで調節し、適量を保ったので蓄積していたかもしれない分が、体から排出されたからかもしれま…

本日のパーキンソン病治療 9月11日

本日のパーキンソン病は振戦ありと無しの二人です。第3回目の治療の患者さんは、前回パーキンソン病のサウンド アキュパンクチャCDのうち、動作緩慢などのものを試聴してもらうことにしていました。治療室に入る姿を観察していると、前回はそろりソロリと…

パーキンソン病の服薬 その3

我が妹を説得して薬の量を四分の一以下に減らさせてから3日目です。医者の指定した量は一錠でした。オーリングテストで適量を計ると、四分の一以下と出ました。それを以前から指摘したのに、あえて二分の一にして服用していました。しかし身体が必要としか…

パーキンソン病の服薬 その2

新患の方に飲み薬をお持ちいただき、オーリングテストで検査いたしました。Lードーパ薬は処方量の四分の三が適量でした。動作が緩慢になってきたのでそのほかに一種類出ていましたが、こちらは一錠が適量でした。そのほか喘息を併発していて処方されていまし…

パーキンソン病と服薬

パーキンソン病の根本治療は西洋医学にはありません。Lードーパという薬がありますが、これも進行を抑える程度に過ぎません。ところで鍼灸学校で習った教えに、「身内を治せれば一人前」があります。我が妹のパーキンソン病を治療しているのですが、これがな…

パーキンソン病の新患

先週の土曜日時間があったので、TBSラジオ「土曜ワイドラジオ東京」を聞きました。永六輔さんがパーソナリティーのあの番組です。しかし彼は現在入院中で電話で放送に参加ということでした。聞くところによると、体がなかなか良くならないので検査も兼ね…